吸着チューブコンディショナー CDS 9600
6チューブコンディショナー 9600

吸着管を6本まで同時に加熱

様々な吸着剤、異なるチューブ径および長さの吸着管が収容可能

スロット毎の温度、流量、加熱設定が可能

従来のマルチチューブコンディショナーが改良されチューブ洗浄の様々なニーズに応えます


特長

  • スロット毎の温度、流量、加熱設定が可能
  • ご要望に応じたチューブヒーターを混在 させることで異なるチューブ径および長さの 吸着管が収容可能
  • 吸着管が70℃まで冷却すると自動で ガスフローを遮断
  • 20とおりまでの設定が可能

その他の特長

  • プラグイン手持式のコントローラーにより  管毎に温度は1℃ずつ400℃まで、加熱時間は0.1分ずつ999.9分まで設定できます。
  • ヒーターには熱抵抗温度検出センサーが組み込まれており、±1℃以内で温度を制御できます。
  • 電源ケーブルを選択することで100Vから240Vまでの様々な電圧下で使用できます。

仕様

吸着管ヒーター ヒーターはユニット正面の、あるいは手持式プログラマ上の対応するキーを押すことにより、それぞれ独立して制御することができます。6チューブコンディショナーの標準的なヒーターは外径6mm × 長さ11.5cmの吸着管用になっています。

吸着管サイズ

6チューブコンディショナーの標準的なヒーターは外径6mm x 長さ11.5cmの吸着管用になっていますが、オプションで異なる種類およびサイズ用に設定することができます。

以下はヒーターオプションの一例です

外径:10mm × 4 1/2" 高流速管

外径:1/4" x 長さ7"の吸着管

VOST ?外径:16mm x 5 1/2”の吸着管

温度

最大400℃まで1℃ずつ設定できます。熱抵抗温度検出センサーによって±1℃以内に制御できます。

加熱時間

加熱時間は0から999.9分まで0.1℃ずつ設定できます。 各吸着管LED表示は加熱中が赤、加熱が終わると緑、冷却中は黄色に点灯します。

吸着管のシール

6チューブコンディショナーの接続口に指回用円板とVespelフェルールがついているので手締めで吸着管をシールできます。

流量

ユニットの左側にある各調節バルブで流量を調節します。流量レンジは10ml-250ml/minです。

ユニット操作

ヒーターはユニット正面の、あるいは手持式プログラマ上の対応するキーを押すことにより、またはソフトウェアすらそれぞれ独立して制御することができます。

スパイク用ポート

オプションで標準試料、代用試料、社内校正用試料等をスパイクするポートをご提供いたします。

電源

電源ケーブルを選択することで100Vから240V、50-60Hzと様々な電圧下で使用できます。

寸法

幅24 × 高さ24 × 奥行31(cm)、重量:約6.8kg

CDSの熱分解製品のご紹介

モデル4000

低価格熱分解装置

モデル4000

キャンペーン価格中!

本体価格:200万円

(消費税、PC価格、据付料別)

モデル5000

熱分解ベーシックモデル

モデル5000

モデル5200HPR

触媒・加圧・活性ガス機能付きハイエンド熱分解

モデル5200HP-R

CDS8000 & オートサンプラー

パージアンドトラップ


English Japanese